浮気調査|仮にパートナーの裏切りによる不倫の証拠をつかんで…。

コレというものはないけれど妙だなと感じたときには、大急ぎで実
際に浮気していないか素行調査をお願いするのがいいんじゃないで
しょうか。当然ですが調査に係る期間が短くて済めば、探偵事務所
に支払う調査料金だって安く抑えられます。
離婚の準備に関する相談をしている妻が打ち明けた理由で最も多か
ったのは、「夫の浮気が発覚した」でした。これまで無関係だと信
じて疑わなかった妻が大部分で、夫の浮気という事実に、これを受
け入れられない気持ちと怒りがあふれています。
状況によって違ってくるので、明言することは不可能ですが、配偶
者の浮気、不倫のせいで離婚が決まったときの慰謝料というのは、
おおよそ100万円から300万円くらいがほとんどの場合の金額
ではないでしょうか。
「私の妻は間違いなく浮気している」ということの証拠を持ってい
ますか?証拠っていうのは、疑いなく浮気しているとわかるメール
とか、配偶者以外の異性とホテルに連れだって入るシーンを捉えた
証拠写真等を指します。
仮にパートナーの裏切りによる不倫の証拠をつかんで、「どうして
も離婚」と決めても、「二度と顔も見たくない。」「話し合いもし
たくないから。」と、相談なしに感情的になって離婚届を提出する
なんてのは言語道断です。

本人の浮気調査ですと、調査にかかるコストの大幅なカットができ
ると思いますが、調査そのものの品質が低いため、高い確率で気付
かれる恐れがあるといった心配ができてしまいます。
たとえ妻の不倫のせいの離婚だろうと、結婚生活中に作り上げた資
産の五割というのは妻のもの。このような決まりがあるため、別れ
のきっかけを作った妻が受け取り可能な財産がないという考え方は
大間違いです。
恋人や夫が浮気しているか否かを確かめたい場合は、クレジットカ
ードから送られてくる利用明細、CDやATMでの引き出し、携帯
電話やメールについての連絡先と日時を詳しくチェックします。こ
れで、多くの証拠が集まります。
探偵に依頼した浮気調査だと、それなりの金額が発生しますが、プ
ロが調査するわけですから、素人とは比較にならない出来のいい自
分に役立つ証拠が、見抜かれる不安を持つことなく入手可能!だか
ら心配する必要はありません。
単純な調査費用の安さという点のみではなく、無駄な費用はカット
して、その結果料金がいくらか…そういったこともどこに浮気調査
を頼むか決めるときに気を付けるべきポイントということを忘れて
はいけません。

一般的に不倫調査は、人によって詳しい調査内容に差がある場合が
珍しくないと言えます。ですから、調査に関する契約内容が詳細に
至るまで、かつ的確に整備されているかについて前もって見ておい
てください。
浮気の事実の明らかな証拠を見つけるのは、夫に説諭するという時
にも用意しておくべきものですし、離婚してしまう可能性がゼロで
ないのなら、証拠を突き止める重要性というのはなおのこと高まる
のです。
パートナーは誰かと不倫関係かも…そんな不安がある方は、不安解
消のためのファーストステップは、不倫調査をすることで真実を知
ることにあると思います。一人だけで苦しみ続けていても、悩みを
なくすための手がかりはあまり簡単には見つけられません。
「愛情と信頼で結ばれている妻は疑えない」「誰かと妻が浮気だな
んてことはあり得ない」そう思ってらっしゃる場合が大抵のはずで
す。けれども本当のところ、人妻なのに浮気しているというケース
がハッキリと増加の一途をたどっています。
配偶者の一方がパートナーを裏切る浮気や不倫をやったということ
であれば、不倫されたほうの妻、または夫側は、貞操権侵害によっ
て引き起こされた深く大きな精神的な苦痛への慰謝料に充てるため
、賠償請求することが認められます。